Kaya陶房:駒形悦子(新潟県)

自然木灰釉薬を調合して、やさしい色合いの食器を作っています。手びねりのゆるい雰囲気で、家庭料理を楽しく盛って作って頂けるように飽きのこないデザインを心がけています。

出展者:HP
Kaya陶房

関連記事

  1. 山百:森信博 晶子(奈良県)

  2. うつわははみや:八木淳史(京都府)

  3. 子の日窯:山口和利(佐賀県)

  4. works結陶:瀧澤芳彦(新潟県)

  5. あうん窯:荒井弘次(長野県)

  6. 間基線陶房:成田実(愛知県)