陶の棲:渡邊亜紗子(岐阜県)

想像が膨らむものを目指して語りかけてくるような造形作品と食卓を楽しくする器を中心に制作。写真の人形はかくれんぼをテーマにしていて、花器などに体を隠すと顔をのぞかせているような雰囲気に。植木鉢は足の高さがあるので、底穴から水抜きがしやすく、植物の色が映えるような装飾にしています。カップは影絵をイメージした絵付け、底は三角形で動きをだし、飲みやすいように口元に広がる形に仕上げています。

出展者:HP
陶の棲

関連記事

  1. 森の花工房:相原秀夫(長野県)

  2. atelier BOKKO:安井ひとみ(神奈川県)

  3. kaya陶房:駒形悦子(新潟県)

  4. 村山大介陶芸研究所:村山大介(新潟県)

  5. (陶)都製作所:都丸和也(群馬県)

  6. works結陶:瀧澤芳彦(新潟県)