銅工芸 ブリキや彰三 二代目:佐藤直(長野県)

100種類以上ある手作りの当て金を丸太の台座に刺しこみ、当て金の曲面を使い形を叩き出していきます。 最初は一枚の銅板を叩き、焼きなめし、叩き、焼きなめし、繰り返すこと数十回。 使う人の事を考え、ひとつひとつ作り上げていく一点物です。 使うほどに味わいが生まれるのが銅製品。銅のしなやかさ、あたたかさをを多くの人に知って頂けたら嬉しいです。

 

出展者:HP
銅工芸 ブリキや彰三 二代目

関連記事

  1. 工房暁:森田暁(静岡県)

  2. Lilium:藤倉壮一郎(新潟県)

  3. 水滸の月:蒔田浩之(静岡県)

  4. 0-1camp:長谷川晃右(新潟県)

  5. デザイン工房エッセ:須貝清和(神奈川県)

  6. 翠梟屋:長谷川匠(栃木県)