畑からそだてた布:齊藤加津代(福島県)

畑で「からむし」という植物を栽培し、茎から繊維を取り出します。この繊維を草木で染色した後、細く裂きます。裂いた繊維を全てつなぎ合わせ一本の糸を作ります。この糸を使って、機織り機で布を織り上げます。こうして出来た布を使って作品を制作しています。

関連記事

  1. ふ・わ・り:井手正美(山梨県)

  2. つなん原染織工房:尾池三佐子(新潟県)

  3. 手織ももちゃん:塩谷志保子(新潟県)

  4. kiya:吉澤純子(埼玉県)

  5. 升原工房:升原宣人(岐阜県)

  6. 手織りMANO:渡貫和美(新潟県)