水滸の月:蒔田浩之(静岡県)

石留めやたがねの使い方などの彫金技法は学び、その他は独学によって作家活動を始めた。イメージを形にするため、自由な発想と作り方で作品を作りだしている。アナログであり、日本の懐かしい色合いやデザインで、塗装や薬品、コーティング剤を使用しない昔ながらの技法で金属に彩りを添えている。銀は象嵌七宝、銅は緋銅や稲わらいぶし、真鍮は糸のこによる切り出しで手作業で時間をかけた丁寧な仕上げを心掛けている。

出展者:HP
水滸の月

関連記事

  1. 小林ミドリ竹籠店:佐藤知映(新潟県)

  2. ミヤザキの蝉:宮崎貴幸(石川県)

  3. photage:田辺明子(新潟県)

  4. hito+:深田等(滋賀県)

  5. 晴三:後藤晴美(愛知県)

  6. 工房山窩:並木さえ(長野県)