子の日窯:山口和利(佐賀県)

食器も少しづつ流行があります。また根強く変わらないアイテムもあります。私もこれらに対応しながら、変化していますが、家族の人数が少なくなり あまり量が必要でなくなった食卓に少量でも和むようなカジュアルな”土もの”の食器を提案したいと思っております。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

関連記事

  1. 間基線陶房:成田実(愛知県)

  2. 一窯:若林千春(新潟県)

  3. Kaya陶房:駒形悦子(新潟県)

  4. ぼんさい屋とき:高橋星児(新潟県)

  5. うつわ工房 千の森:加藤千恵子(群馬県)

  6. 介窯:吉沢恵介(群馬県)