北桑工房:伊藤五美(京都府)

白と黒を基調としたモノトーンの器を中心に日常雑器、茶器、花器などを制作しています。食の脇役としての器の有り方を考え過美にならず、料理をおいしく見せる器、使いやすく飽きのこない器作りを目指しています。

関連記事

  1. 間基線陶房:成田実(愛知県)

  2. works結陶:瀧澤芳彦(新潟県)

  3. Kaya陶房:駒形悦子(新潟県)

  4. 近藤九心:近藤九心(新潟県)

  5. 一窯:若林千春(新潟県)

  6. 環窯:高橋聡(宮城県)